英語力を伸ばすために、自分が言いたいことを日本語で書きだして英訳してみる

こんにちは!

口下手のための簡単な英会話教室、講師の大羽奈緒美です。

英語力を伸ばす方法って、「ただ話す」だけではダメなんですか?

「ダメ」というのが私の考えです。

英語力というのは、1つの能力で支えられておらず、「聞く」、「話す」を支えるために「読む」があります。書くは確かに後回しでもいいのですが、「書く」ことで、日本語での思考をもう1度見つめなおすことができます。それによって、日本語的な発想と英語的な発想の違いを感じることができます。

その感覚の違いが分かると、日本語力も英語力も上がります。

日本語は情緒的…
昔から、藤原和博さんが好きなんですが、藤原和博さんの『必ず食える1%の人になる方法』という本に、藤原さんの英語学習法が書かれていて「なるほどな…」と感じました。
うろ覚えなのですが、藤原さんはアメリカで講演か何かをする必要があって、英語力をつける必要に迫られました。短期間で英語力をつけるには、やはり「英語学習に時間を割く」環境づくりは大事だと言われていたと思います。
藤原さんが英語力を上げた方法は、自分が話したいことを全部日本語で書きだして、全文英訳をして、それを徹底的に覚えるということをされたそうです。その翻訳の過程で、日本語がいかに情緒的な言語なのかを実感されたそうです。日本語ではニュアンスうで伝わるものが、英語では具体的に示す必要がある、と。
そして、この方法をとることによって、日常会話で話すことは難しくても、自分の専門に関することは英語で語れるので問題なかったそうです。
その人らしい英語力ってこういうことだなぁ…と感じました。
私が英語力をつけた方法は「英語で哲学を学ぶ」こと
私も、藤原さんと同じ体験を実はしています。私も「日本語はニュアンスや雰囲気な言語。英語は論理的に説明する言語。」という感覚があります。
これは何をして得たかというと「英語で哲学を学ぶこと」で得たのです。私の留学方法は大学同志の交換留学だったので、向こうの大学生として1年間過ごすというものでした。好きな科目を受講し、それを日本の大学の単位として認められました。
そこで、私は何を思ったのかノンネイティブにとってはとっても不利な「哲学」と「文学」をとったのです。どっちもものすごい言語力がいる教科ですよね…
哲学とは「抽象的な概念について、言葉を使って証明(説明)する」ので、日本語でも答えることが難しいです。
「幸福とは何か」、「万物は何でできているか」、「人間とは何か」、そんなことを英語で読み、英語で意見を書かかなくてはいけません。
そこで私がやったことは、日本語でいったん考えをまとめて、英語に直すということをしました。そうすると、一定の言葉はそのままでは、通じず、「これってどういうこと?」と説明を求められることが何度かありました。
1番覚えているのが「物事」という言葉です。直訳するとthingsです。
毎回何に関する物事なのかを具体的に書く必要がありました。他にもいくつかそういった言葉はあったのですが、もう忘れてしまいました。この経験から、自分が考えていることを1度日本語で書き、英語に直してみてネイティブにチェックしてもらうと、「日本語って情緒的」という感覚が分かると思います。
あ、これ書きながら思ったのは↑の文章の「自分が考えていることを1度日本語で書き」を英訳するなら、自分が何について考えているかまでを、英語では具体的に書く必要があります。
「切ない」を英語で言うと…
もう一つ、日本語って繊細な言語なんだなぁ…と感じた出来事があります。留学中に日本語と英語のバイリンガルと話していたときのことでした。私は質問してみました。
「ねぇねぇ、”切ない”って英語でなんていうの?」
友人はしばらく考えたあと、「”sad”かなぁ・・・」と言いました。
その瞬間がとても衝撃的だったのです。
「え!”切ない”って、単純にsadの一言で割り切れる感情なんだ!」と思ったのです。
日本語の「切ない」には確かに「悲しい」という気持ちもあるけど「自己犠牲に酔っている気持ち」とか、「報われてほしい気持ち」も込められていると思うんです。まるで、人魚姫の話を読み終わったときのような感覚です。
この経験で、藤原さんのおっしゃる「日本語は情緒的」ということをすごく感じたのです。同時に日本語ってとても繊細な言語で、一言に色々な感情やイメージが込められているんだと日本語のすごさを知ったのです。俳句とか短歌はそれを利用しているんだと思います。ある瞬間の風景を切り取って、その感動を限られた言葉に込めるので、一文字にすら色々な感情やイメージが込められていたりします。
私は、言葉を言葉のまま受け取る性質を持っているので、「察する」とか「読み取る」ということが苦手です。なので俳句とか短歌に対しては「説明してくれ」と思ってしまうのですが…
話はそれましたが、日本語は主語がなくてもよい、とか説明や結論は後になるとかいう特徴も掴めると思うので、日本語の考えを英訳することはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です