英語力を保つカギは読解力②(大人編)

こんにちは!口下手のための簡単な英会話教室、講師の大羽奈緒美です。

今日は、前回のお話の続きです。

前回、帰国子女の兄弟や姉妹が英語を忘れるか否かは「読解力」が関係しているというお話をしました。

大人も英語の読解力があれば、英語を忘れにくくなるってこと?

そうなんです。しかし、大人の場合は完全に日本語が出来上がっていますのでライミングから学習するよりは、日本語で理解を伴う学習の方が効率が良いと思います。
今日は、大人の方が英語で読解力をつける方法について書きます。

大人の方へのおすすめの読解力をつける方法

大人の方の場合は「英語を話したいだけだから、読むのはいらない」、または「長文は嫌いだったから抵抗がある」と思われるかもしれませんが、読解力が伴った英語力は衰えにくいです。この英語を読んで理解するという行為を繰り返すことは、英語脳を育てることに効果的です。

おそらく大人の方なら黙読からスタートされると思うのですが、黙読でも頭の中で音を再現できなければ、しっくりくる感じで英文は読めません。音が分からないまま単語の表記を見て、辞書で意味を調べて…というように読んでいても、音が入っていない単語は覚えられません

この「音を頭で再現して意味をとっていく過程」でたくさん英文に触れ、英語の構造がつかめてきて「英語ってなんとなくこうかな」という英語の感覚みたいなものが付いてきます。最初は、英語を日本語に訳しながら読むのですが、たくさんの英語を読むことでいつの間にか、英語を英語のまま理解する量が増えてきます。こうやって英語脳を作っておくことで「忘れにくい英語力」が身につきます。

読解力とは、読んだ量ではなく、読んだ質

では「読解力をあげよう」と、〇冊読もう!となってしまいますが「ちょっとストップ!」です。確かに、ある程度の量をこなしていくことで読解力はあがるのですが、やみくもに読めばいいというものではありません。子どもと同じで、読解には質も大切です。この質というのは、読んだ人の理解の深さのことです。

実は「英語を読む」といっても、いくつか方法があります。例えば、全体を通してどんな話題が書かれているかをざっと目を通すSkimming。長文問題などで答えの箇所を探し出すScanning, そして一般的な意味で使われている全文を読むReding。

「読む」と言っても、Skimmingのような読み方であったり、辞書を何度も引かないとあまり意味がとれな英文を読んでも、英文の内容の理解があいまいなままでは読解力を上げることにはつながりません。なぜなら、読解力あげる目的は英語脳を作ることだからです。内容をしっかり理解できる英文で、英語と日本語で培った意味を結びつけ続けると、いつの間にか英語を英語のまま理解しているのです。

そのためには、理解できてストレスなく読めるレベルの英文をたくさん読むことが1番効果的なんです。ということは、ご自身のレベルより1つか2つ下のストレスなく読める教材が1番ということになります。そして、英文を読むことに慣れてきたら、段階的にレベルをあげていくのです。(この考え方は子どもが読解力をつける場合と同じです)
それに、自分のレベルより下の英文であれば、無理なく続けられるということもメリットです。

中学校の教科書はおすすめの教材

私が大人の英会話の初心者の方におススメする教材は、中学校の英語の教科書です。中学校の英語の教科書と言っても、全出版社のものを3年間分となるとある程度の英文の量になりますし、大人の方にとっては無理なく読めるレベルです。しかも1冊300円程度で安い。
そしてなんといっても中学校の英語の教科書の良さは、文科省の認定が必要なので制限もありますが、これまで学校の英語教育を牽引されてきたすごい先生方の英知の集まりなので、工夫がたくさんされています。分からない表現や忘れてしまった文法があっても、大人になった今の目線で教科書の文法事項のまとめを読めばすぐに理解できますし、教科書の後ろのページには教科書に出てくる単語の辞書はついているので便利です。

他にも、ペンギンブックスのリーディング教材はレベルごとに分けられていて、自分がどれを選べばいいか分かりやすいのです。内容も多様で自分の興味がある話題のものを選べます。私も学生時代はこのペンギンブックスシリーズをたくさん読みました。英会話初心者の方は、英語を話す練習と合わせて、隙間時間に英語を読むことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です