①英語が話せない人に共通すること「英語が話せないとコミュニケーションできない」

口下手のための簡単な英会話教室、講師の大羽奈緒美です。

英語をあまり話せなくても、コミュニケーションができるって本当?

できます。

英語を話せない人は共通して、英語を話すことが怖いと感じています。理由として「英語が話せる=すごいこと」という高いハードル設定をしていること。もう一つは「英語を話して間違えたら怖い」という失敗に対する恐れが強いのです。言い換えると「英語が流暢に発音良く話せていないと英語はできない人だ」という思い込みです。

今日は、「そもそもコミュニケーションって何?」という視点で話をします。

コミュニケーションで自分が話をしている時間の割合

ちょっと考えてみてください。例えば5分間の時間があったとします。私たちは日本語でコミュニケーションするときって、どれくらいの時間を自分が話すことに使っていますか?

私の場合は1~2分です。話すときは話しますが、基本的には相手に質問して、相手にしゃべってもらいます。なぜなら、私はそんなにポンポンと話題が出せる方ではないのでその方が落ち着くからです。

ここでコミュニケーションの流れのパターンを考えてみましょう。

コミュニケーションの流れは
①話題の提供 → あいづち → 自分の状況を伝える or なくても会話は成立する
②話題の提供 → あいづち → 相手に質問する
③相手からの質問 → あいづち or yesかnoかsoso  → 補足的な答え

というパターンが多くないですか?

つまり、会話で自分が話している時間って、実はとてつもなく短いんです。これは、日本語であっても英語であっても同じです。もっと言えば、基本的にあいづちを打っているだけで会話は成立してしまうのです。ということは、まずは英語で「あいづちを打てる」ことを身に着けるだけでもコミュニケーションは成立します。プラスとして、要所要所で、自分の意見を述べたり、質問ができると「もっと楽しい」が増えるだけで、そこに失敗も何もないのです。

たくさん話さないといけないときは、深刻な悩みを打ち明けて、自分の繊細な感情を共感してもらいたいときぐらいです。でも、そんなことを旅行先で知り合った人とか、まだ付き合いの浅い友人に打ち明ける状況ってほぼないですよね。

口下手でもコミュニケーションを成立させるには「聞き役になる」

私はこの方法で、日本か海外に関わらず友人を作っています。英会話において聞き役になるために大切なポイントは、①リスニング力の強化をすること。相手の言っていることが分からなければ、聞くことはできません。そして、次に②相づちをうてること。最後に、③会話によって質問するテンプレートがいつでも口から出る状態にしておくこと。英会話初心者の方は練習しておけば、コミュニケーションの実践は積めます。あとは、自分で文を組み立てられる力がついたら、どんどん実践を積んでいくことで英会話に慣れることができます。

その人らしさで、心と心を通わせる

「英語を話すこと」が怖い人に、いつもするお話がタレントの出川哲郎さんの話です。出川さんは、お仕事だからウケを狙っているか、本当にあのままなのかはわからないですが、恐れずにどんどん英語を使って海外の人と交流をされています。

印象に残っているのが、自由の女神像にたどり着こうと道行く人々に道をたずねる場面でした。

“Do you know free woman?”
(直訳すると「無料の女性知ってますか?」=売春のことを聞いているっぽい」)

で、現地の人を驚かせながらも、明るい人柄と元気いっぱいのリアクションとジェスチャーでどんどんコミュニケーションをとっています。出川さんの姿を見ていると「私が思い込んでいた”英語ができる”って何だったのかなぁ…」と感じます。

私は留学中にたくさんの日本人の友人もできました。彼らも特技は様々で、サッカが得意、ダンスができる、ピアノが弾ける、歌がうまい、絵が上手、ゲームが得意、麻雀が強い、などあまり言語というツールがなくても体験を共有できるものを持っている人はそういったもので人と心を通わせていました。

もちろん、ビジネスや資格取得を目指しておられる方は悠長なことを言っていられないかもしれませんが、やっぱり英語はコミュニケーションのツールなので、その人らしい英語の形で世界を広げていってほしいと感じます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です