英語が話せない人の特徴

こんにちは!
口下手のための簡単な英会話教室の講師の大羽奈緒美です。

今日のテーマは「英語が話せない人の特徴」について思うことを書いていきます。

これには、色々な理由があるのですが、なんとなく見ていて多いと感じる原因は

「自分が言いたいことの日本語が複雑すぎる、長すぎる、あるいは言いたいことの焦点が絞れてない。よって、英語に訳せない」

これは、中学生の子どもたちを教えているときにも感じました。
みんな言いたい日本語自体が複雑で難しすぎるから英訳できなくなっていました。

これは、口下手の方の話し方にも通じるところです。口下手な方(少なくとも私は)は、結局何が1番言いたいことかの焦点が日本語の時点で絞れていなかったし、自分が言いたいことの日本語の説明が長すぎたのです。

だから、英語をなかなか話せない方は、

「もし、相手が幼稚園児だったら、どんな言葉を選んで、どんな文章で同じことを言うかを一度思い浮かべて、それを英語に直す」

という工程を頭に入れてもらうと、もっと英語がsimpleでclearになるかと思います。例えば、文は短くしたり、単語を簡単なものにしたり、重なる表現は一つにしたりしますよね?日本語を頭の中で簡単にして、英訳すると「英語でなんて言っていいかわからない」のハードルが下がるかと思います。

ちなみに、当英会話教室では、お客様に合わせて、日本語をシンプルにするような練習もレッスンの中に入れていきたいと思います。

大人になってからは「英語の仕組みや意味の理解→その人の日本語修正→英語を話す」このプロセスを早くすることが英語が話せるようになる、ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です