親が英語が苦手だけど、バイリンガル育児は可能なの?

こんにちは!口下手のための簡単な英会話教室、講師の大羽奈緒美です。

バイリンガル育児についてよく聞かれることをブログにしました。

親が英語苦手だけど、子どもは英語ができるようになるの?

結論から言うと、全く問題ないです。

むしろ、小さいころの英語教育環境なんかなくても、大人になってからでも本人の意欲さえあれば英語を話せるようになります。私自身も全く英語学習に縁もない家庭環境で育ち、高校生になってから本格的に英語を学ぼうと学び始め、話せるようになりました。

それを踏まえたうえで、でも早期英語教育を行うことにはメリットがたくさんあります。発達段階に合わせて、効果的な関わり方をおうちですることで、英語が入りやすくなる脳を作れます。それが目的ということは、結果にとらわれずにおうちの方も一緒に楽しんで取り組めるツールが英語なんだ、ということなんです。

だから、おうちの人の英語力と子どもの英語力は関係ありません

もっと言うと、おうちの方に「英語学ばせたいオーラ」があるおうちはだいたいうまくいかないことが多い感じがします。

私の独断と偏見での考えなんですが、子どもに英語を学ばせたい親御さんは「自分ができなくて苦労したから、子供にはそうさせたくない」というご自身のコンプレックスの裏返しであることが多いです。

そうなると「やらなきゃ!」とか「これだけお金と労力とかけてる分、結果出てほしい」と、頑張りの分の見返りを期待してしまうので、楽しくなくなってしまいますし、どうしても「親が与えている感」が強くなってしまうのです。しかも、子どもの英語力というのは、目に見えやすいアウトプット、特に話す力だけで判断されがちで子どものどんな力を伸ばす機会かを見逃してしまうのです。

中学校で英語を教えていて、子どもたちに強く感じたことは「自分自身の考え」や「アイデア」がなかなか出てこないことでした。もちろん時間をかければ子どもはアイデアを出せますが、授業では時間が限られています。
自分の意見を表現したり、アイデアを出すなど「英語で何を語るか」を小さいころから育てる関わりが必要だと思いました。英語力というのは、英語の技術だけでないと感じた経験でした。おうちでできることは、この「何を語るか」を育てる部分だと感じます。

おうちの方が英語が苦手でも、おうちでの関わりでできることはたくさんあります。特に、お子さんが小さいうちは難しい英語なんて必要なくて、単語で話せれば十分です。あとはCDに任せて、やりとりなどは英語教室に任せればいいと思います。おうちの方に必要なのは、子どもの発達段階のそれぞれの強みを知ること、教材選びの視点、英会話教室の選び方の視点を持っていれば最強なのではないでしょうか?

それぞれのおうちの方らしく、英語を教育を取り入れていかれると1番良いと思います。もし、迷われたときは相談サービスなども良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です