英会話初心者さんには日本人講師の方がいい理由

こんにちは!

口下手のための簡単な英会話教室、講師の大羽奈緒美です。

よく「英語を学びたい!」という方からこんな質問を受け付けます。

やっぱり、英語を学ぶにはネイティブの先生の方がいいかな?

これに対しては「初心者のレベルによる」というのが本当のところですが、私は日本人講師の方が良いと思っています。特に、6歳をすぎたあたりから、母国語で思考することが強化されてきます。ということは、大人の場合は「理解を伴いながら学習すること」が1番早く英語が身につくからです。

特に、文法知識、単語を覚える、というような基礎的な学習は、典型的な学校で学んだ英語のようで嫌悪されがちですが、これらは絶対に必須です。

余談ですが、中学校英語の授業の問題点は「発音の特訓に時間が割けない」、「文法理解を重点に置いた授業でどんな場面で使うのかに力を入れていない」ことなんです。結果、「使えない英語を教える学校英語」と言われてしまうのですが、本当に授業研究されている先生の授業を受けた子どもたちは確実に英語が使えるようになっています。

よって、中学校英語の文法知識、単語知識をつけるためにも、日本語で説明してくれ、日本人のつまづきポイントが分かっている日本人講師の方が良いのです。また、こういった基礎の知識がある程度身についていても、「使えない」というのが初心者の特徴です。こういった知識を使えない方は、どんなことまではできて、どんなことはできないかを知ってトレーニングをした方がいいので、日本人講師で繰り返し学習をした後に、ネイティブで実践を積む方がいいのです。

他にも、日本語ではよく使う表現だけど、英語ではなんて言ったらいいの?って表現がたくさんあります。

例えば「しょうがないね」、「場合によるね」、「コツがいる」とか・・・

これらは、私が高校2年のときに出てこなかった表現リストです。

あと、生きているニワトリを見て”chicken”と友人が英語で言うのを聞いて、「あ!そうかchickenか!」と思った経験があります。chickenというとどうしても、食べ物で肉になった状態のもののイメージしか沸かなかったからです。こういったイメージの共有ができることも日本人講師の強味かなぁ…と思うのです。

他にも「ネイティブの先生が怖い」という声も聞いたことがあるので、初心者の方は安心感を持って学習できる日本人講師の方がいいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です