英語が話せないのは、会話のパターンを持っていないからかも…

最近、レッスンをさせていただくことが多いので、英会話初心者さんに共通することが見えてきました。

今日は、英語力の問題ではなく、「会話のパターン」を持っていないから話せないということについて書こうと思います。

会話が英語になると「何を話していいか分からない」

私は、昔はとてもコミュニケーションが苦手で、日本語でもコミュニケーション力がありませんでした。「雑談が苦手!」、「何と言って相槌を打てばいいか分からない」、というストレスから「人と話すことが苦手」だと思っていました。

なのに!!!!

なぜか「英語は勉強すれば話せるようになる」と思っていたのです。

ふっしぎ~♪

英語学習と自分のコミュニケーション能力がつながっていることに対して、ピンと来ていなかったんだと思います。

でも、レッスンをしたり、私の英語に関する考え方(コミュニケーションは一方的に話すものではないので、たくさん話せなくても会話ができる)を説明する機会が多くて気づいたことがあります。

「ん?実は同じような方が多い???」

ご本人は、おそらく私ほど日本語でのコミュニケーション苦手意識はないにしても、英語になったとたん「話す内容がない」と感じる方が多いのです。つまり、英語になったとたんに、ご自身の「会話のパターン」が消え失せてしまうのです。

もう、これは「英語が苦手だから」とか「英語ダメ」とかの話ではなく、日本語や英語を使って何を話すかというコミュニケーションの能力の問題なんです。

ということは、「英語になったとたん、何を話していいか分からない」となる場合、その方が日本語で「どんなことを話すことが好きか」、「会話のパターン(話す量が多い人か、聞く量が多い人か)、「どんな口癖を持っているか」を分析して、その英語表現を練習する必要があります。また、その方に合った会話のパターン(話すことが多いタイプか聞くことが多いタイプ)を練習することも必要です。

例えば、外国の方と話をすると、本、音楽、映画などの話題によくなります。その場合、必ず「どんなジャンルが好きなの?」というところまで話が進む場合がほとんどです。日本では「どんなジャンルが好きか?」というところまでは突っ込んで聞きません。

そこで、英語で話をする場合、この話題がきたらこういう流れで話を進めようとか、こういう質問をしてみよう、という会話のパターンが必要なのです。

それじゃあ、結局フレーズ覚えの英語学習になるの?

最初のうちは、そうなります。

しかし、そもそも初心者の方はまず、知っている知識を使いこなすことすら難しい状態にあります。

まずはパターン練習でトレーニングを積み、自分が強い話題を持っておいて、そこから徐々に自分で言いたいことが言えるようにシフトチェンジしていくのです。この過程で英語的な発想も自然とついてきます。

そうすると、英会話中級レベルというゾーンに入るので、日本語講師ではなく、外国人相手に実践練習をたくさんしていくフリートークレッスンのレベルになります。ここまでくれば、もう無料素材を使いこなせますし、「英語を勉強することが楽しい」のゾーンに来ているので安く英会話を学ぶことができます。

英会話初心者さんは、とにかく早く初心者の時期をぬけるべし!

しかし、初心者さんにとってはこの中級までになることがしんどく、何をしていいか分からず挫折してしまうので、初心者の方は「最短で」初心者ゾーンを抜けることが必要なのです。(なんか、ダイエットに似てますね)

だからこそ、私は「初心者の方こそ、日本人講師による徹底したカスタマイズレッスン」をお勧めしているのです。

 

Soko Soko Englishでは、お一人お一人の「話す話題」、「会話のパターン」、「口癖」をベースに、英語で10往復の会話はできるようになる最短の道を完全カスタマイズします。

ご興味のある方は、まず体験レッスン(60分1,100円)だけでも受けてみてください。

お申込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です