英語が話せないのは英語力がないのではなく、日本語の問題

日本語のまま訳そうとすると難しい表現「もらった」「~してもらった」

英語が話せない人の特徴として、「日本語の直訳にこわる」というお話をこちらでしましたが、今日はその具体例について書きたいと思います。

英語にはあまりない発想「もらった」、「~してもらった」

よく日本語では「(物を)もらった」「~してもらった」とかいう表現を使います。これを英語にしようとして「えーと…」と止まる方をよく見かけます。
でも、この表現、英語に直しづらいんです。
なぜなら、「もらった」とか「~してもらった」の表現には、主語(誰が)、動詞(どうする)が省略されているからです。

英語に直すには、

「もらった」→ ①誰が ②くれた ③私に ④何を

①~④の4つの点を、日本語で明確にして思考しているかが、英語にすぐに直せるかどうかに関わっているのです。でも、「もらった」だけの日本語の表現しか浮かんでいない状態では、英語にしようがありません。

同様に、

「~してもらった」 → ①誰が ②どうした ③私に ④何を

①~④の表現もこの部分を明確に日本語で考えてからでないと英語にできないのです。

もっと具体例出してみますね!

「これもらった。友達から。」という日本語表現が頭に浮かんだら、前から訳すのではなく、まずは日本語で下の①~④の観点を明確にします。

「①友達が(誰が) → ②くれた(どうした) → ③私に → ④これを」

という日本語に直してMy friend gave me this.となります。
大人になってから英語が話せるようになった人は、「日本語→シンプルで明確な日本語(英語に直しやすい日本語)→ 英語を話す」この過程が、訓練によって高速になっているのです。

他にも「英語習ってるの」とか「料理習ってるの」という「習っているの」という日本語表現も英語に訳しづらい例です。

この場合は、

「①誰が ②教える ③私に ④何を」、または「①私は ②学んでいる ③何を ④誰から」を明確にしてから英語にします。

先生が 教える 私に 英語を → A teacher (in my school ) teaches me English.

私は 学んでいる 何を 誰から → I study English from my teacher (in the school).
※( )内は意訳です。

となります。

つまり、英語力があるかないかの問題ではなく「日本語は不明確にしたまま意味が通じる表現が多い」から英語に直せなくて話しづらいのです。

だからこそ、初心者さんはフリートークから始めるよりも、この英語に直しやすい発想の日本語を習得する必要があるので、パターン練習のアウトプットからが効果を発揮しやすいのです。

 

語学学習の3段階の過程

私は、英語の学習には3段階あると考えています。

①理解 ②習得 ③応用

初心者さんは、
①でつまづいているか、
②の練習量が圧倒的に少ないのに、いきなり実践でフリートークをしようとする
のどちらかで英語を話そうとするので、「できない」という体験が多くなりやる気が続きませんし、時間がかかってしまいます。

私が思うに、世間の英会話教室でも②の量が圧倒的に少ないように感じます。
生徒さんが、その日のターゲットセンテンスを口にする機会はせいぜい2~3回。あとはその2~3回を軸に、フリートークという雑なレッスンなので、初心者の方には難しいのです。②の段階が、本来は最も時間をかけるパートなのです。

まずは、なぜこの英文が「どういう場面」で「どういう意味」で使われているかをイメージして、パターンで表現を練習することで、「自分にもできる」とか「日本語でこうやって考えたら、このパターンを使えばいんだな」という感覚を身に着けることができます。すると、自分のことを話すフリートークも無言にならずに済みますし、パターン表現を軸に自分の言いたいことにつなげられるため、1番初心者さんが早く英語が話せるようになるんじゃないか、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です